新聞活用で公開授業 11月5日、南日本新聞会館

 南日本新聞社は11月5日、教育関係者や教師を目指す学生らを対象に、公開模擬授業「情熱教室LIVE3」を、鹿児島市の南日本新聞会館で開く。本紙に「国語のツボ」を連載する白石範孝明星大学客員教授と、筑波大学付属小学校の佐々木昭弘教諭(理科)が …

詳細画面へ

3校交流に備え、新聞作り学ぶ 田代小

 新聞の読み方や活用法などを学ぶ「よむのび教室」が6月24日、南九州市の田代小学校であり、5・6年生14人が新聞作りについて学びました。  今年10月、同じ名前の県内「田代小」3校が、学校新聞の発表などを通し交流を深めます。新聞を実際に作る …

詳細画面へ

学生100人新聞づくりに挑戦 鹿純心短大

鹿児島市の鹿児島純心女子短期大学で4月下旬、新聞を使って意見発表と壁新聞づくりをする授業があった。プレゼンテーション授業の一環。南日本新聞社の社員が講師となり、生活学科の2年生約100人が取り組んだ。 学生たちは新聞の読み方などの指導を受け …

詳細画面へ

国分小でよむのび教室 

霧島市の国分小学校で5月14日、5年生116人が新聞の読み方や記事の書き方を学びました=写真 国語学習の一環として実施され、児童たちは実際の新聞を手に、講師の南日本新聞読者センターの記者から、みだしのつけ方や、ニュース記事が5W1Hで構成さ …

詳細画面へ

教科書使いクイズ挑戦 東串良町・柏原小

2月25日、東串良町の柏原小学校で5年生(15人)に、新聞よむのび教室を行いました。新聞の読み方や書き方などをクイズを交えながら解説。国語の教科書をめくりながら答えを探す姿も見られました。 5年生は国語の授業で新聞について学習しています。新 …

詳細画面へ