一湊小で「よむのび教室」

 6月10日、屋久島町の一湊小学校で、「よむのび教室」を開きました。3年生から6年生まで18人が、新聞制作の様子を紹介する動画を視聴した後、読者センターの記者から記事の書き方やみだしのつけ方を 教わりました。 その後、児童たちが社会科見学や …

詳細画面へ

気になるニュース親子で語る

鹿児島市の田上小学校で6月10日、参観日があり、5年生が南日本新聞を使ったファミリーフォーカスの授業を行った。児童と保護者は南日本新聞社の社員から新聞の構成などの説明を受けた後、当日の朝刊を使い、気になるニュースを探した。親子で新聞をのぞき …

詳細画面へ

新聞活用で就活乗り切れ

 鹿児島市の鹿児島女子短大教養学科約80人を対象に、6月1日と8日、「新聞活用で就活を乗り切ろう!」と題した講座を開きました。就活まっただ中の学生に、新聞記事から社会の動きをチェックし企業等の情報収集、さらにコミュニケーション力を高める具体 …

詳細画面へ

根占中でよむのび教室

 南大隅町の根占中学校で5月29日、「よむのび教室」を開きました。修学旅行で調べたことを新聞にまとめる学習に向けて、見出しの作り方やレイアウトなどをアドバイスしました。質問をすると、生徒らは積極的に手を挙げていました。(写真は根占中学校提供 …

詳細画面へ

自分たちの新聞に満足

 志布志市の志布志小学校で5月11日、5年生を対象に「まわしよみ新聞」を行いました。4、5人でグループをつくり、児童それぞれが気になる記事を貼ってコメントを添えました。題字にも工夫を凝らした自分たちだけの新聞に、満足な様子でした。(写真は志 …

詳細画面へ