活字に親しむ実践多彩 NIE報告会

いじめなど社会問題考察 メディア報道の違い比較 鹿児島市で2月17日にあった鹿児島県NIE(エヌアイイー)推進協議会(会長・鷲東重明松陽高校長)の2006年度実践報告会。県内の実践校13校のうち11校が、授業や学級活動などで新聞記事を活用し …

詳細画面へ

活字文化を推進しよう 東京でシンポ

活字離れが進む現状とその防止策を探るシンポジウム「言葉の力と日本の未来」(文字・活字文化推進機構設立準備会主催)が11月25日、東京都千代田区内幸町の日本プレスセンターホールであった。パネリストらは、子どものころから読書や新聞を読む環境づく …

詳細画面へ

生涯学習の視点を 水戸で全国大会

新聞を教材として活用するNIE(エヌアイイー=教育に新聞を)の取り組みを話し合う、第11回NIE全国大会(日本新聞教育文化財団主催、茨城新聞社など主管)が7月27、28の両日、茨城県水戸市の県民文化センターであった。「学校から家庭・地域へ広 …

詳細画面へ

鹿情報高生が「愛国心」議論

愛せる国づくり先 関心持つこと大事 教育基本法改正に向けた審議が、国会で行われている。最大の焦点は「愛国心」をめぐる表現。この言葉の意味を新聞記事から考えようという授業が、2006年度NIE(エヌアイイー)実践校の鹿児島情報高校(鹿児島市) …

詳細画面へ