気に入った記事を拾う

佐渡のトキのひなが巣立った。人気の屋台村の好影響が周辺のお店にも。通算2000本安打にあと1本のソフトバンク・小久保が腰痛で離脱―子どもたちはその日の紙面から「気になるニュース」を選び、感想を寄せました。 5月26日、鹿児島市の南日本新聞会 …

詳細画面へ

新入社員に新聞活用で

鹿児島銀行グループの鹿児島地域経済研究所(KER)が毎年春、参加企業を募って行っている新入社員セミナーで新聞活用のメリットを話させてもらいました。5月10日、17日、24日の3回でそれぞれ半時間ほどでしたが、受講生の皆さんは真剣に聴いてくれ …

詳細画面へ

岩南小教員8人がNIE研修

曽於市教育委員会が指定するNIE研究校の岩南小学校(宮元龍己校長)で5月21日、教職員へ向けたNIEの校内研修会が開かれ、講師として呼ばれました。参加した8人の先生はメモを取りながら、他の教育委員会の取り組みや、学校での新聞の使い方などを学 …

詳細画面へ

希望を見つけ、届けるNIEに

第20回鹿児島県NIE研究大会が5月12日、鹿児島市の南日本新聞会館で行われました。日本NIE学会会長の小原友行広島大学教授が「希望をみつけ、希望を届けるNIEを求めて~鹿児島県への提言~」と題し講演しました。県内の教員や曽於市教育委員会な …

詳細画面へ

PTA新聞づくりで助言

PTA新聞づくりについて5月8日、鹿児島市の谷山校区公民館で谷山小学校のPTAのお母さんたち約40人と話をしました。 鹿児島県内や全国のPTA新聞コンクール入賞作品を取り上げさせてもらい、作品の特徴やよいところ、改善してもいいところを南日本 …

詳細画面へ