小山田小PTAによむのび教室

鹿児島市の小山田町校区公民館で9月7日、よむのび教室が開かれました。小山田小学校PTAの保護者と5、6年生あわせて約50人が、新聞の読み方やメディアリテラシーなどについて理解を深めました。 昔話「桃太郎」を新聞記事風に書くとどうなるかなどを …

詳細画面へ

南皇徳寺台で「よむのび教室」

 鹿児島市の南皇徳寺台町内会集会所で9月9日、「よむのび教室」が開かれました。新聞の読み方や楽しみ方について紹介すると、住民ら十数人は熱心に耳を傾けていました。新聞が販売所に届くまでの流れや到着時間など、質問も相次ぎました。

詳細画面へ

鴨池中生徒ら、取材の心構え学ぶ

 南日本新聞真砂販売所で職場体験をしている鴨池中学校の生徒3人が9月6日、南日本新聞社で「よむのび教室」に参加しました。他の職場で働いている同級生らを取材するため、記事の書き方や写真の撮り方などを学びました。同社の編集フロアや輪転機=写真、 …

詳細画面へ

一湊小で「よむのび教室」

 6月10日、屋久島町の一湊小学校で、「よむのび教室」を開きました。3年生から6年生まで18人が、新聞制作の様子を紹介する動画を視聴した後、読者センターの記者から記事の書き方やみだしのつけ方を 教わりました。  その後、児童たちが社会科見学 …

詳細画面へ

気になるニュース親子で語る

鹿児島市の田上小学校で6月10日、参観日があり、 5年生が南日本新聞を使ったファミリーフォーカスの授業を行った。児童と保護者は南日本新聞社の社員から新聞の構成などの説明を受けた後、当日の朝刊を使い、気になるニュースを探した。親子で新聞をのぞ …

詳細画面へ