新聞読む

霧島市の国分小学校で5月14日、5年生116人が新聞の読み方や記事の書き方を学びました=写真

国語学習の一環として実施され、児童たちは実際の新聞を手に、講師の南日本新聞読者センターの記者から、みだしのつけ方や、ニュース記事が5W1Hで構成されていることなどを聞きました。

その後、児童たちは当日の新聞から気になる記事を選んで切り抜き、意見や感想を書く活動をしました。「熊本地震1カ月」の記事を取り上げた女子児童は「友達が熊本にいるので、助けてあげたいという気持ちで選びました」と話していました。

(岩松マミ)