しょうぶ学園アートで障スポPR 利用者が描いた看板、鹿児島中央駅前地下通路に設置 本番まで100日 

2023年7月20日 21:30

 全国障害者スポーツ大会の開幕まで100日となった20日、鹿児島市は、障害者支援施設「しょうぶ学園」(同市吉野町)の利用者らが描いた絵を組み合わせた大会PR看板をJR鹿児島中央駅前地下通路に設置した。大会終了日まで飾られる。  看板には、大会を応援する人の表情や競技する人を表現した絵が並ぶ。同

この記事は会員限定です

(全文442字、残り292字


「みなみパス」(南日本新聞ID)に無料登録すると

鹿児島のくらし、仕事に役立つニュースをお届け

会員限定記事が読める(おためし閲覧。月5本まで)

桜島の降灰情報をメールでいち早くお届け

みなみレターでニュースやお得な情報。受け取るだけでポイントたまる

詳しいサービス内容はこちら
障スポかごしま大会   一覧
国 体     一覧
スポーツ    一覧
注目のニュース