まわし読み新聞に挑戦

 鹿児島市の星峯西小学校で1月17日、「よむのび教室」が開かれ、4年生と保護者役250人が「まわし読み新聞」制作に挑戦しました。 親子一緒に5、6人のグループに分かれて新聞を読み、気になった記事を切り取って紙に貼り、新しい新聞をつくる取り組 …

詳細画面へ

感想まとめるコツ学ぶ

 鹿児島市の荒田小学校で12月20日、「よむのび教室」が開かれました。4~6年生206人が、新聞を読んだ感想文をまとめるコツを学びました。 同小は4年生以上が毎年「新聞よむのびコンクール」に参加しています。この日は、記事の選び方や感想をまと …

詳細画面へ

郡山中保護者ら熱心に

郡山中学校(鹿児島市)の家庭教育学級で11月8日、「よむのび教室」を開きました。新聞の読み方に加え、スマホが子どもたちに与える影響などを取り上げました。新聞記事を使った問題「ワークシート」(無料)についても説明、保護者にはご自身のスマホを使 …

詳細画面へ

柏原小教職員らNIE講座

さつま町の柏原小学校で、教職員を対象にしたNIE講座を開きました。 同校は鹿児島県NIE実践校2年目で、さらにNIEを深めたいと 同校15人の教職員が参加。NIE実践の県内外の先進例などを 学びました。

詳細画面へ

高校生ら新聞の醍醐味味わう

れいめい高校(薩摩川内市)の生徒と教諭15人が10月13日、南日本新聞社を訪れ、「よむのび教室」を受講した。新聞の読み方やスマホが脳に及ぼす影響、黙読より声に出した方が記憶に残りやすいことなどについて学んだ。その後、新聞社内を見学。活字を使 …

詳細画面へ