紙の新聞に自信持って

曽於市末吉の柳迫地区高齢者学級で7月10日、午前9時半から1時間、「新聞の親しみ方」について25人に話をさせてもらいました。参加した方はふだんインターネットを使わない方ばかり。「紙の良さがあるので自信を持って、紙の新聞を読んでください」と伝 …

詳細画面へ

新聞記者って何?

鹿児島市の武岡中学校で7月10日、1年生96人に「新聞記者って何?」をテーマに話をしました。同中では毎年、小学生から中学生になった子どもたちに社会への意識を高めてもらおうと「社会人に学ぶ会」を催しており、今回2012は読者センターに声がかか …

詳細画面へ

新聞の良さ、ビジネスマンに

鹿児島市東開町の阪東機工(丸元正樹社長)の営業社員50人に「ビジネスに生かす新聞」をテーマに話をさせてもらいました。7月7日、同市宇宿2丁目のテクノホールで1時間。IT社長も紙の新聞を読んでいることを紹介しながら、新聞という紙のメディアの魅 …

詳細画面へ

3・11を風化させない

南日本新聞の東日本震災パネル展が開催されている鹿児島市の大明丘小学校で7月9日、「被災地を歩いて」と題して震災報告を行いました。6年生80人が対象。子どもたちは、スクリーンに映し出される震災当時の悲惨な状況を食い入るように見て、熱心に話を聴 …

詳細画面へ

紙の良さを伝える

家庭教育をテーマに、7月5日の夜8時から南九州市知覧の中福良校区で保護者約30人に1時間話をしました。新聞を読むことが子どもたちの学力向上につながることを、調査結果を示して紹介。「子は親の背中を見て育つ」ので、親から興味を持ってもらおうと、 …

詳細画面へ