末吉で22日、よむのび教室

南日本新聞は、「よむのび教室」を7月22日(日)午前10時から正午まで、曽於市末吉町の末吉総合センター会議室で開催します。 親子で楽しむ新聞の読み方や家庭での新聞活用法のほか文章の書き方などを読者センター社員が紹介します。 対象は小学4年生 …

詳細画面へ

鹿児島からの被災地支援

鹿児島市立広木小学校の体育館で6月24日、校区青少年健全育成推進大会があり、社会部の神野卓也記者が「大震災の取材を通して」と題し、東日本大震災を取材した体験を講演しました。時折、強い雨の降る中でしたが、400人を超える住民の方々が参加。神野 …

詳細画面へ

校長会でセンター活用PR

大崎町教育委員会は6月22日、同町役場で校長会を開き、「新聞をどう生かすか」をテーマに研修しました。同町内の小・中学校9校の校長が参加。20分ほど時間をいただき、読者センターの説明をさせてもらいました。 南日本新聞社は県内すべての市町村教委 …

詳細画面へ

取材の裏話交えながら

6月22日、日置市の伊集院北地区公民館の生き生き学級(高齢者学級)で「新聞のおもしろい見方」と題して、25人の方に取材や編集の裏話をお伝えしました。 この日の南日本新聞のスポーツ面には大リーグ・ダルビッシュ投手の9勝目が載っていました。記者 …

詳細画面へ

見出しから記事内容を考える

6月17日、曽於市立岩南小学校に家庭教育学級の講師として出向きました。児童14人と保護者、教職員が参加。読者センターが同小に伺うのは2回目で、4~6年生には前回勉強してもらった新聞の読み方をまず質問しました。「全部読もうと思わない」「大事な …

詳細画面へ