高校生ら新聞の醍醐味味わう

れいめい高校(薩摩川内市)の生徒と教諭15人が10月13日、南日本新聞社を訪れ、「よむのび教室」を受講した。新聞の読み方やスマホが脳に及ぼす影響、黙読より声に出した方が記憶に残りやすいことなどについて学んだ。その後、新聞社内を見学。活字を使 …

詳細画面へ

口之島小中学校でよむのび教室

 十島村の口之島小中学校で9月8日、「よむのび教室」が開かれました。小1から中2年の12人が、新聞の読み方や新聞社の仕事について学びました。 1~4年生のクラスでは、新聞のしくみについて話しを聞いた後、2日間の新聞に目を通して、1、2年生は …

詳細画面へ

オリジナル新聞を作った!

 東串良町の柏原小学校で、9月9日「よむのび教室」が開かれました。5年生12人が、南日本新聞が作られるまでの動画を視聴した後、読者センターのスタッフから新聞の構成や記事の書き方をクイズを交えながら楽しく学びました。  その後、児童たちは「ま …

詳細画面へ

小山田小PTAによむのび教室

鹿児島市の小山田町校区公民館で9月7日、よむのび教室が開かれました。小山田小学校PTAの保護者と5、6年生あわせて約50人が、新聞の読み方やメディアリテラシーなどについて理解を深めました。 昔話「桃太郎」を新聞記事風に書くとどうなるかなどを …

詳細画面へ

南皇徳寺台で「よむのび教室」

 鹿児島市の南皇徳寺台町内会集会所で9月9日、「よむのび教室」が開かれました。新聞の読み方や楽しみ方について紹介すると、住民ら十数人は熱心に耳を傾けていました。新聞が販売所に届くまでの流れや到着時間など、質問も相次ぎました。

詳細画面へ