肝付町の国見中学校で2月19日、「よむのび教室」がありました。2年生7人が「はがき新聞」作りに取り組みました。
前半は新聞の読み方やニュース記事の書き方などについて説明を受けました。後半ははがきサイズの原稿用紙を使ったミニ新聞「はがき新聞」作りに挑戦しました。
「はがき新聞」は理想教育財団が推進する学習法で、手軽に取り組めるのが特長です。生徒は2月中旬に実施した「学校訪問」について振り返る新聞に挑戦。タブレットを使って掲載する画像データを探したり、当日の様子を振り返ったりしながら、限られたスペースで読み手に伝えようと楽しみながら取り組みました。
生徒は「内容が伝わりやすい見出しを考えるのが楽しかった」などと話しました。