新聞に親しんで、試読紙無料配布 南日本新聞社など

(2020-10-19)
新聞週間に合わせた試読紙配布で南日本新聞朝刊を受け取る子どもら=鹿児島市東開町のイオンモール鹿児島
新聞週間に合わせた試読紙配布で南日本新聞朝刊を受け取る子どもら=鹿児島市東開町のイオンモール鹿児島
 鹿児島県内で日刊紙を発行する南日本新聞社など5社と販売店でつくる新聞公正取引協議会県支部は18日、鹿児島市東開町のイオンモール鹿児島で、各社の試読紙250部を無料配布した。

 新聞に親しんでもらおうと、新聞週間(15~21日)に合わせ毎年企画。社員や販売店の担当者らが朝刊と販促品に加え、新型コロナウイルス感染予防のためのマスクを買い物客や家族連れに手渡した。

 同市福平小学校4年の蓑手雪菜さん(9)は、弟で2年の隆希君(7)と南日本新聞など4紙を受け取った。子どものページや、ひろば欄に興味があるといい、「新聞を開いて社会や地域のことを知ってみたい」と話した。