職業理解へはがき新聞/串木野西中

(2021-02-26)
職業について調べて作った「はがき新聞」について発表する生徒=いちき串木野市の串木野西中学校
職業について調べて作った「はがき新聞」について発表する生徒=いちき串木野市の串木野西中学校
 いちき串木野市の串木野西中学校の1年生33人が関心のある職業を調べて、はがきサイズの用紙にまとめる「はがき新聞」を作った。17日に発表会を開き、一人一つずつ計33職種について理解を深めた。
 生徒たちは総合的な学習の時間に、昨年末から新聞の見出しや記事の書き方を学んできた。資格や進路、働きがいなどの情報をインターネットや新聞から収集。イラストや図を用いてコンパクトにまとめた。
 栄養士を「食のプロフェッショナル」と紹介した児玉直也さん(13)は「資格取得の流れを図にしたら分かりやすいと思い、工夫した。サッカー選手になりたいが、栄養士も面白そう」と話した。指導した工藤憲孝教諭(50)は「膨大なデータから重要な部分を見極める力や限られた字数で要約する力、表現力を身に付けられた。進路指導にも役立てたい」と語った。