NIE実践10校が活用例紹介 南日本新聞会館

(2019-02-24)
NIEの取り組みを報告する実践校の担当教員=鹿児島市の南日本新聞会館
 鹿児島県NIE推進協議会の2018年度実践報告が23日、鹿児島市の南日本新聞会館であった。実践校10校が学校教育への新聞活用例を紹介。児童生徒の表現力向上や社会への関心の高まりなど成果を報告した。約20人が参加した。
 輝北小(鹿屋市)は、興味がある新聞記事を探して発表したり、感想を書いたりする活動を紹介。小平新一教諭(42)は「児童が社会の出来事に興味を示すようになった」と説明した。
(記事全文は24日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)