土橋中生徒ら段ボールで手作り新聞閲覧台作製 日置

(2019-09-12)
段ボールで手作りした閲覧台で新聞を読む生徒たち=日置市伊集院の土橋中学校
 教育に新聞を活用するNIEの2019年度実践校に指定された日置市伊集院の土橋中学校に、段ボールの新聞閲覧台がお目見えした。市内の段ボールメーカー日之出紙器工業が材料を寄贈、生徒らが手作りした。全校11人の生徒たちは「新聞を気軽に読みやすくなった」と喜んでいる。
 閲覧台は、縦180センチ、横90センチの段ボールを、三角柱状に折り曲げたもの。惠正幸教諭(47)が、8月に宇都宮市であったNIE全国大会で、段ボール製閲覧台の存在を知った。地元の同社に相談し、約20枚を譲り受けた。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)