枕崎小で「よむのび教室」 記事を切り貼り、親子で壁新聞作り

(2018-08-27)
気になった記事を切り貼りして、まわしよみ新聞を作る児童たち=枕崎市の枕崎小学校
 枕崎市の枕崎小学校で24日、南日本新聞の「よむのび教室」が開かれ、親子ら約40人が参加した。
 夏休みに合わせて、楽しい新聞活用法を知ってもらおうと企画。読者センターのスタッフが新聞の読み方などを説明した後、親子一緒に気になる記事を切り貼りして壁新聞を作る「まわしよみ新聞」に挑戦した。
 子どもたちは鹿児島の話題を集めた「かごんま新聞」や、楽しい話題を集めた「HAPPY新聞」など、感想やイラストを描き込んで壁新聞を仕上げた。
 6年の安樂龍之助君は「新聞にたくさんの種類の記事があることがわかった。これからいろいろ興味を持って読みたい」と話した。